スタッフブログ

不動産ビジネスを知る!

こんにちは、福知山市の株式会社谷英建築です🐰
株式会社谷英建築は福知山市を拠点に、丹波市、舞鶴市、綾部市、与謝野町、宮津市、京丹後市、丹波篠山市、その他周辺地域で土地を買いたい方、売りたい方をサポートさせて頂きます🙋
福知山市の土地売買を全力でサポートします🏡
㈱谷英建築 愛称ラビハウスという建築会社から派生した土地売買を専門とする不動産部門ですので、ラビ不動産と呼んでもらえたら…と思います🐰

土地を探そうと思ったら、どうやって探しますか??🙄
多くの方が、不動産屋さんに直接行ったり🏃‍♀️不動産屋さんが発信している情報(ホームページや広告など)を見て👁探されると思います

 

しかし、
一見のお客さんに提供する情報資料には法で定められた最低限の情報しか載っていません。
それだけでは、一生住み続けるであろう土地に対して十分な判断材料があるとは言えません。
土地探しを失敗に終わらせない為に、不動産屋さんから本当の情報を引き出さなければなりません。
それには、不動産業界のしくみを理解し、不動産屋さんの本音を知っておく必要があります。

~不動産屋さんの本音~
本音①見込みが薄いお客様には良い情報は出さない!


本音②見込みの薄いお客様=本気で土地は探していない→見切ってしまおう

見込みの薄いお客様とは、
考えてはいるけれど、まだ先の話…🤔
考えてはいるけれど、100%気に入る土地がないし…と長い間土地探しをし続けている😿
考えてはいるけれど、条件がはっきりしていない😟
資金が無さそう…👛
こう感じられてしまうと、購入意思が薄いと思われてしまって見切られてしまうかもしれません。

本音③不動産屋さんは売主の味方であって、買主の味方ではない!
          
付き合いの長い売主サイドに立って、土地を売りたい!

不動産屋さんのお客様は買主ではありません!売主さんなのです!
不動産屋さんは売主(地主)さんから不動産を預かり、それを売却する際の仲介手数料が大きな収入源となっています。
ですから、1回限りのお付合いの買主ではなく、たくさんの不動産を持っている売主(地主)さんと長いお付き合いをしていく為に売主の味方になってビジネスをします。

まず、これらの本音があることを知り、以下の4つのポイントを理解した上で、不動産屋さんと商談すると良いと思います。
不動産屋さんは…

①仲介手数料が収入源。だから高い土地の方が儲かる!
②建物に関して知識が無く、家づくりの全体像は見ていない!
③優先順位の低いお客様は見切られる!
④不動産屋さんのお得意様は売主。買主の味方ではない!

そして、すぐに購入する意思があるお客様だと思われるようにすると更に良いと思います。

『見込みありのお客様!!』 = 『良い情報をもらえる、積極的に動いてもらえる』
という状況を作ることが大事です。
やみくもに探すのではなく、資金計画やマイホームの全体像を考え、土地レースに勝てる準備を整えてから不動産屋さんめぐりをしてみてはいかがでしょうか。
さて、次回も土地探しのご参考に、是非ご覧くださいね💁